自作のスマホアプリを開発すれば億万長者も夢じゃない!?

7月 1st, 2012

皆さんは「自分好みのスマホアプリが欲しい」と考えたことはありませんか?一般のユーザーは、さまざまな開発者から提供されているスマホアプリを利用するだけですが、個人でもスマホアプリを開発することが可能です。ちなみに私の友人は、スマホアプリを開発して一攫千金を夢見ています。このような夢を抱かせるには理由があるのです。

その理由のひとつが、スマホアプリ開発のハードルが低いこと。例えば、iOSやAndroid向けの開発キッドは無償で公開されています。また3Dゲームなどの開発エンジンですら個人の利用なら無償です。プログラミングの技術さえあれば、個人で起業も夢ではありません。

また、スマホアプリを開発するためのノウハウ本も一般の書店で入手できます。その数も多く、書店で探すのに苦労することはありません。あと必要なのは、アイデアのみ!

「なんか簡単そうだな」と思うかも知れませんが、実はそうではないのです。オランダの調査会社ディスティモによると、2011年末時点でのiPhoneアプリとiPadアプリを足すと約50万、さらにAndroidアプリは約35万ものアプリが市場にあるのです。実際問題、秀逸なスマホアプリが完成したとしても無数のスマホアプリの中に埋没しては意味がありません。ヒットさせるには、自分のスマホアプリをアピールする開発以外の努力が必要です。

しかし、不況と言われる現代において、スマホアプリほど夢のあるビジネスは無いかも知れません。

スマホを基本とした無料アプリの解説サイトならこちら>>スマホアプリランキング※無料でおすすめはコレ!

育毛剤と育毛シャンプーの役割を考えよう!

6月 15th, 2012

育毛剤の効果を最大限に引き出すには、育毛環境を整える必要があります。当たり前のことのように聞こえるかも知れませんが、ここに大切なポイントがあるのです。

育毛剤の有効成分をもっとも必要としているのは毛穴の奥にある毛根部分です。そのため有効成分を毛穴の奥まで送り届ける必要があります。しかし問題がひとつあります。それは育毛剤の有効成分の浸透を妨げる“角栓様物質”の存在です。角栓様物質(かくせんようぶっしつ)とは、過剰に分泌された皮脂が毛穴の古い角質と混ざり合うことで生成される物質です。角栓様物質が毛穴に詰まると育毛剤の浸透力を弱めるばかりか毛髪の成長まで妨げます。そこで重要な役割を果たすのが育毛シャンプーなのです。

育毛シャンプーで頭皮環境を整えたあと育毛剤を利用すれば有効成分の浸透力が高まり、相乗効果が期待できます。育毛シャンプーでおすすめなのは、アミノ酸系シャンプーです。アミノ酸系シャンプーは、その名の通りアミノ酸から作られている界面活性剤を利用しています。洗浄力は弱めですが、髪と頭皮への刺激が少ないためダメージヘアの方に向いています。

今ご利用の育毛剤の効果に疑問を感じているのであれば、育毛剤と育毛シャンプーの併用を一度試してみてはいかがでしょうか?

育毛剤を一から学ぶ
http://www.vcpanasonic.com/